--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.09.03 (Tue)

熊蜂の飛行

クマバチって、体の大きさのわりに翅が小さく
航空力学的には飛べるはずがないのに、飛べているのは


彼らが「飛べると信じているから飛べる」というのが通説となっているそうです。


クマバチ2013.9①

「不可能を可能にする象徴」とされている
このクマバチのように


私も、新人だからといって限定の心をもたず
何事も諦めない姿勢で取り組んでいきたい。


という決意を

新人の千田くんが
今日の朝礼の3分間スピーチで述べてました。

すばらしい



しかし千田くんって、前回も思ったんですけど、
新人とは思えないほど落ち着いた話しぶりでして


言い方を変えれば「若さがない
と、総務Mみたいなオバチャンなんかは思うわけで


コメント当たったら絶対言うたろ。
と、思ってましたら



「若いんやから、もっと大きな声で元気よく!」

と、コメントに当たった
たすみ社長が言ってました。 ←急速にこっち世代に近づいてきたことを実感。


しかしオッチャン、今日はこれだけでは終わりません。


彼の服装に関するダメ出しから始まり
最後の最後で、お辞儀もやりなおしになってました。
(半沢直樹みたいにしないといけないそうです)



朝礼後。


千田くん  「スピーチ以前の問題でした…。」


総務M   「まず日にち間違ったらあかんわな。」


クマバチ2013.9③
3日なのに30日の「今日のことば」を読んでた。



なお、クマバチの飛行方法については

近年では、「レイノルズ数」という空気の粘度を計算に入れることで
飛行法が証明されているそうです。



千田くん、最後にちゃんとこれ言っとかないと。←ダメ出しは続く



14:30  |  3分間スピーチ  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。