--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.06.27 (Thu)

血液型

総務Mの次女が、原因不明の高熱が続いたので
総合病院の小児科で血液検査をしてもらうことになりました。



看護師さん  「何かついでに調べてほしいことあります?」


総務M     「血液型をぜひ!」



いつも言ってますが

「A型にあらずんば人にあらず」
という総務Mの持論は



「偏見や
「血液型なんか関係ないし
「っていうか、MさんのどこがA型やねん

と、各方面から批難の嵐なんですが



総務MがB型の長女を育ててきた5年間に

彼女が繰り出した数々の「B型あるある」な行動が
この説を立証しているのである




というわけで後日
総務メンバーも注目している次女の血液型を聞きに行きました
(病気はその後治癒しました)



先生    「血液型の結果でてますよ。」


総務M   「はい。それ聞きにきました。」


先生    「お父さんは何型?」


総務M   「Bです。」 


先生    「お母さんは?」


総務M   「Aです。」


先生    「さー、結果はどうでしょうねー。」


総務M、緊張の一瞬


先生     「ジャンよかったですね!A型ですよ。」


総務M    「ありがとうございます~




ほら!臨床医学の世界でもこんな扱いなんですよ、B型って。




15:45  |  その他  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。