--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.05.28 (Tue)

会長の教え

数ヶ月前になりますが、当社が長年お世話になっていた
寺町通の「池田茶舗」さんが閉店しました。


お客様用の煎茶は 「京のみどり」
朝礼前の1杯には 「かりがね玄米」
昼ご飯のお供には 「ほうじ茶」


と、池田茶舗さんのお茶一筋だったもんで
閉店の知らせを聞いた時は、みんなショックを受けました。



明治4年に創業された風情ある佇まいの老舗でしたが

今ではもう建物も取り壊されており
前を通るたびに残念な気持ちになります。



お客様用はともかく、社員が飲むお茶なんか
スーパーやネットでもっと安いのを買ったらよかったのですが

毎回、池田茶舗さんに足を運んでいたのは


「地元のお店を愛さなあかんえ。」

という会長の教えがあるからです。




最近は仕方ないので
スーパーやネットで色々な茶葉を買って試してるんですけど

「これ!」というのが、まだ見つかってません。



先日、給湯室で高級そうなお茶の缶が
未開封のまましまってあったので

朝礼前の1杯に出してみたところ

「なんか今日のお茶、ヘン。お客さんに出したらアカン味がする!」
と、S先生が騒いでおられました。


体に害はなかったですが、確かにヘンな味がしました。
賞味期限切れてたからかしら。←そんなん出すなよ。




そんなある日。
会長に来客があり、総務Mがお茶を入れたのですが



会長   「さっきのお茶どこのえ?」



総務M  「ギクッな、なにか問題でも?」



会長   「めずらしく、美味しい味がしたわ。」



総務M  「そうでしょう!私が入れましたから!( ̄^ ̄)エッヘン



会長   「そうか。アンタが入れたんやったら普通の入れ方やろけどなぁ。」




ということで

総務Mが入れても美味しい
一保堂さんのお茶に、今のところ落ち着いてます。



13:00  |  会社  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。